OUR WORKS 施工事例

大阪市大正区の中古マンション(3LDK)をフルリフォーム!和室もシックな洋室に

フルリフォーム後の中古マンションのリビングダイニング
施工期間
約2~3週間
価格
300万円
広さ
63.63㎡
価格
300万円
施工期間
約2~3週間
広さ
63.63㎡
フルリフォーム中の中古マンションのキッチン回り フルリフォームで解体中の中古マンションの水回り部分 フルリフォーム前の3LDKのマンションの玄関

[AFTER] PHOTO

  • フルリフォーム後の中古マンションのリビングダイニング
  • フルリフォーム後の中古マンションのキッチン
  • フルリフォーム後の中古マンションのトイレ
  • フルリフォームした3LDKのマンションの玄関
  • フルリフォーム後の中古マンションのリビングダイニング
  • フルリフォーム後の中古マンションのキッチン
  • フルリフォーム後の中古マンションのトイレ
  • フルリフォームした3LDKのマンションの玄関

POINT 施工のポイント

ポイント01

和室をシックな洋室にリフォーム

3LDKの賃貸用のマンションのお部屋全体をリフォームしましたが、その中でも大きなポイントの1つは、洋室にリフォームした和室です。 最近では、和室を洋室にリフォームしたいというご要望が多くありますので、現在住んでいるマンションなどの和室を洋室に変えたいと考えれられている人も多いのではないでしょうか。 今回のリフォームで、クローゼットドアと入口ドアは同じシリーズのものを使用したり、建具のテイストに合わせたアクセントクロスを使用することで、少し古くなった感じの和室が、シックでオシャレな洋室に生まれ変わります。 また、写真には写っていませんが、この部屋にはすりガラスの窓があり、この窓も洗うだけで十分綺麗になります。 なお、今回の案件は同マンションの反転タイプの2部屋をリフォームしています。 Before、Afterそれぞれの写真もその2部屋のものを使用しています。

リフォームで和室からシックな洋室になった部屋

ポイント02

壁付キッチンを対面キッチンにリフォームして家族のコミュニケーションも取りやすく

もともとあった壁付タイプのキッチンを対面型のキッチンにリフォームしました。 対面型のキッチンは、料理や洗い物をしているときでも、リビングにいる家族や遊びに来ている友人などと会話を楽しむことができるため人気があります。 このキッチンでは、カウンター上部に吊戸棚はつけず、オープンなキッチンになるようにしました。 さらに、広めのカウンター設置したことで、キッチンで軽食を取ることも可能になっています。 また、リビングと洋室の掃出し窓の両方から光が入るように設計されているので、キッチン全体が明るくなっています。

壁付キッチンをリフォームして対面キッチンに

ポイント03

トイレもリフォームしてシックで使いやすく

トイレのように狭い空間でも、少し工夫をすることで使いやすさが大きく変わります。 トイレの壁に棚板やカウンターなどを設置することで、本やスマートフォンなどを置くことができたり、お花などを置いてアクセントをつけることもできます。

リフォーム前(Before)とリフォーム後(After)のトイレの画像

ポイント04

お部屋のリフォーム時に子供も使いやすいクローゼットに

このクローゼットは、子供さんが使われることを想定して、お子様の洋服やおもちゃ、ランドセルなどの学用品の置き場にちょうど良いサイズにしました。 クローゼットなどの収納スペースは限られている場合も多いですが、このようにリフォームの際に棚板の位置を考えて配置するなどの工夫を行うことで、住む人が使いやすいように変えることができます。

子供の洋服やおもちゃがたくさん入るようにリフォームしたクローゼット
今回は、賃貸用の中古マンションのリフォームを行った事例で、リフォームにかかった費用(一部)は以下の通りです。

フルリフォーム 300万円


(キッチン)   リクシル   シエラ2400 418,000円
(キッチン) リクシル   シエラ2100        324,000円
(UB)   洗い工事のみ
(洗面)   クリナップ  BGA          48,000円
(トイレ)  リクシル   LG便器         79,000円

 

築年数が経過して使い勝手がよくなくなってきた3LDKのマンションのお部屋でも、フルリフォームすることでオシャレで使いやすい部屋にすることができます。

現在のマンションの立地や間取りには満足しているけど、和室を洋室に変えたい、キッチンをきれいにしたい、子供部屋をきれいにしたいなどと思われている人には、部分的なリフォームより全面的なリフォームの方が効率が良い場合もありますので、一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

CATEGORY

©株式会社カワグチコーポレーション
pagetop